AdSense コード タバコ値上げ  | ちかみちのブログ

タバコは本当に身体に悪いのか 国は我にタバコを吸わせたいのか吸わせたくないのかどっちなんだ!?

年々値上げが進む中で外で吸える場所も限られ愛煙者には非常に生きづらい世の中となってしまいました。

一般的に身体に悪いとされる物は沢山存在しますが、何故タバコが特に袋叩きにあっているのか。

愛煙家からすると、「高い税金を払っているのに何でこんなにも肩身が狭いのか」と言う気持ちになってもおかしくありません。日本国内のたばこ税は総額2兆円規模であり、近年のタバコ叩きから喫煙者が減少し、一時2兆円を割り込む推移をしておりました。こうした税収が下がる度にタバコ、タバコ税の値上げが為され、喫煙者の減少によるタバコの売上、税収をカバーしています。

タバコ自体が健康を害するものであると言うのは誰もが承知の事実ではありますが、身近で似たようなものだと「お酒」があります。お酒自体も健康に良いという事はなく、タバコよりも即効性のある症状が出ますよね。人間の人格さえも変え、顔を赤くなり声も大きくなり、暴れる人は居るわ電車でゲー吐くわ立ちションするわ、最悪命を落とすこともあります。健康被害や世間的な部分への迷惑度で言うとお酒の方がより具体的で即効性も高いわけです。それなのに何故タバコばかりが叩かれるのか。

タバコが叩かれお酒は叩かれない理由はほぼ「テレビCM」です。テレビ局のスポンサーにはアサヒ、キリン、サントリーなどの酒造メーカーの大企業が付いており、CMもガンガン打っていますから、テレビでは「酒は体に毒」などと口に出せないわけです。昨今では「ストロング系酎ハイ」が危険だと警鐘を鳴らしていますが、スポンサーが付いている中で出てくる話だけに余程危険なんだという事がわかります。

以前はタバコもよくCMが流れており、私の世代だとハリソンフォードが「LARK」のCMに出ており、子供のころはそれを見て「かっこいい」と思い、周りの大人も好きな芸能人ももれなくタバコを吸っていました。当時は大人になったら絶対にタバコを吸うと決めていましたが、今やそんな風潮はなく、どちらかと言うと白い目で見られることが多くなっていますから、やはりメディアの力は侮れません。

現在は自主規制のもと、タバコのCMがテレビで流れることはありませんから、メディアも叩きやすいという事です。

では「タバコを吸わせたいのか吸わせたくないのか」を考えると

1、体には良くないが、税金は徴収したい

2、体に悪いという大義名分をもとに税率を上げ、喫煙者を減らそうとする姿勢を見せる

3、あわよくばタバコ中毒者が禁煙せず税収を上げたい

4、喫煙者が一体どれくらいまでなら金を出すか探りたい

これらの事から、「タバコを吸わせたい」というか「税金を取りたい」が趣旨でしょう。健康を害するからタバコは止めなさい、でもいきなりそれは無理だろうから税率を上げ、値段を高くしますよー(にやり)。裏では「止めるな!もっと吸えもっと!」と考えている政治家もいるでしょう。

年間2兆円を超える財源です。現喫煙者がタバコを止め納税をしなくなると、非喫煙者の納税額を増やす必要が出てきます。究極を言うと、健康を維持、促進するタバコを開発すれば良いんですが難しいのですかね。体に良いものから税金を取れば良いのですが、今は全く真逆です。

答えが出ましたな。健康に良いタバコの開発と課税。これですね。                  

                                

コメント

タイトルとURLをコピーしました